2016年10月18日

メディア・リテラシー教育の実践について執筆しました!

 情報教育とも重なる部分の多い、メディア・リテラシー教育の実践事例について執筆した2冊の本が送付されてきました。

CIMG0108s.jpg


 1冊は(公財)日本教材文化研究財団の調査研究「メディア・リテラシー教育の実践事例集の開発」報告書(2016年9月発行)。ここに2つの実践事例を執筆しました。

 もう1冊は(公財)学習ソフトウェア情報研究センター発行「学習情報研究」11月号です。こちらはメディア・リテラシー教育の特集号となっていて、こちらにも別の実践事例を執筆しています。

 メディア・リテラシー教育は、社会科・情報科教員としてとても興味深い分野で、今後も実践を重ねていければと思っています。
posted by okamon at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表

2016年09月10日

全国高等学校情報教育研究会で発表しました!

 全国高等学校情報教育研究会で、今年も発表してきました。
 全国の情報科の先生が集まるこの研究会は、とても貴重な意見交換の場です。

20160810s.jpg

 授業の概要は「映像制作からメディア・リテラシーを育てる授業」として、情報の送り手・受けて双方のメディア・リテラシーを育てる授業の実践報告です。

 発表の様子・内容は河合塾様に取材いただきましたのでこちらから
  河合塾みらい部Webサイト(外部)
posted by okamon at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表

2016年06月25日

宮崎県の情報科の先生も熱心でした!

 6月24日(金)に宮崎公立大学で行われた「宮崎県高等学校情報部会」よりお声がけを頂き、情報科の授業づくりについての講演・研修を行ってきました。

IMG_2616 (1).JPG


 「情報科の授業アイデア」のWebでも紹介している授業や、情報科の授業づくりで自分が考えていることや評価など、難しい話ではなく明日から使えそうな小ネタを中心にお話して来ました。
 参加された宮崎県の先生方は多くが他教科との兼任ということでしたが、どなたも熱心で元気をもらって帰ってきました。

IMG_1776.jpg

 場所やもとの教科はちがっても先生方が持つ「いい授業をしたい」という熱い思いはかわりませんね。
 宮崎の情報科の先生方、ありがとうございました! 
posted by okamon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表

2015年03月22日

大阪私学教育情報化研究会「春の研究発表大会」で発表しました


20150321.JPG

 3月21日に行われた大阪私学教育情報化研究会で、発表してきました。
 タイトルは「コミュニケーション力を高める情報科の授業」というテーマで、高校2年生で開講している「情報選択」の1年間のカリキュラムについて生徒の作品も交えてお話しました。
 この授業は学校設定科目として1年間「伝える」「話し合う」活動にこだわった授業を展開しています。
 結論から言えば、生徒に映像制作やPowerPointのオートスライド機能などを教えると、学校行事矢クラブ紹介の場面など様々な場で活用してくれるというお話です。詳しくはWebへのリンク(PDF)で。
posted by okamon at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表

2014年11月22日

数研出版「i-net」に授業実践が掲載されました!

20141122.jpg


 今年の全国高等学校情報教育研究会で発表した「不適切な画像投稿問題から考える情報モラルの授業」について、数研出版の情報科教員向け情報誌に掲載されました。
 内容は全国高等学校情報教育研究会の発表にそって、より授業の様子がわかるように執筆したつもりですので、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。(外部Link「情報化の授業アイデア」原稿PDF
 こうやって実践をまとめることはたいへんですが、とても勉強になります。
posted by okamon at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表

2014年10月14日

教育メディア学会で発表してきました!


20141011.jpg

 10月11日・12日に石川県の金沢星稜大学で行われた教育メディア学会年次大会で発表してきました。
 テーマは「メディア・リテラシーを育てる情報科の授業」というテーマで、情報科の授業で実践したメディア・リテラシーの授業実践を一般発表として発表しました。
 メディア・リテラシーは、以前はマス・メディアなどから情報の「受け手」として必要な批判的思考力(クリティカル・シンキング)が中心でしたが、インターネットで誰もがWebやSNS・共有サイトを通じて情報発信できるようになった今は、情報の「作り手・送り手」としてのスキルも求められるようになりました。
 今回発表した授業では、映像制作の授業で「作り手」としての経験をした上で、「受け手」としてのメディア・リテラシーも育ててみようという実践です。(興味をお持ちの方はWeb「情報科の授業アイデア」:予稿PDF
 「かなり欲張った内容なのでもう少し整理が必要ですね」とのアドバイスもいただいたので、今年の実践はもう少し工夫したいと思います。
posted by okamon at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表