2016年10月19日

プログラミングの授業を実施しました!

 今年もプログラミングの授業を実施しました。
 去年と同じく、「アルゴロジック」(JEITA:外部リンク)のWebサイトを使って、ゲーム形式でプログラミング・アルゴリズムの考えを学んだあと、レゴのマインドストームを使いました。

IMG_3886.JPG

 メディアルーム内にコースを作り、グループで目標物の的にぴったり止めるプログラムを考えさせます。
 この授業のいいところは、自分たちが考えたプログラムを実際の動きで確かめることができるところです。

IMG_3891.JPG

 1度ではうまくいかない課題なので、1回実行するたびに、グループみんなで相談しプログラムを修正していきます。グループによっては事前にゴールとの距離を測ったり、タイヤの直径から進む距離を計算したりと、あの手この手で課題のクリアを目指します。

 うまく課題をクリアしたグループからは「これですっきりした」という声も。
 次回の授業では、もう少し難しい課題にチャレンジしてもらう予定です。

posted by okamon at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業

2016年06月09日

ペーパープロトタイピングの授業!

 今年は情報科に教育実習生がやってきて選択科目で3時間の授業を自由に考えてもらいました。
 考えてくれたのは「ペーパープロトタイピング」の授業。

IMG_3403.jpg

 スマートフォンのアプリを企画して、その画面や画面遷移を紙で作ってみるという授業です。
 1時間目に企画の説明、企画書の制作
 2時間目に画面の制作(ワークシート・付箋に記入)
 3時間目にグループ内で順番に発表し、相互評価という流れです。

IMG_3407.jpg

 教育実習生のアイデアをもとに授業ンも流れは一緒に考えていきましたが、生徒も楽しそうでおもしろい授業となりました。

IMG_3412.jpg

 ワークシート・スライドは近日中にアップします。
posted by okamon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業

2015年12月27日

プログラミングの授業 その2

 すっかり更新が遅くなってしまいましたが、2学期に実施したプログラミングの授業の続きを。
 プログラミングといっても言語を使った授業ではなく、視覚的に入力できるLEGOのマインドスームを用いてプログラムを入力、指令通りのゴールにたどり着けるように試行錯誤させながら問題解決を行う授業を実施しました。

IMG_1762.jpg

 こちらがゴール。障害物をよけながらゴールでぴったり止めることをグループで競わせました。

CIMG0698.jpg

 プログラミング→実施→検討→プログラムの修正 という繰り返しの経過をワークシートに記入させて、それを評価材料としました。

IMG_1764.jpg
 
 この授業かなり盛り上がりました。
posted by okamon at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業

2015年10月14日

プログラミングの授業

 今何かと話題になっているプログラミングの授業。
 今年の高校2年生の情報選択で授業をしています。

201510142.jpg

 写真はアルゴロジックのWebサイトを使ってのプログラミング体験。
 ※アルゴロジック(http://home.jeita.or.jp/is/highschool/algo/prm/index2.html
 生徒は夢中でチャレンジしています。

 次に取り組むのはレゴのマインドスームです。

201510143.jpg

 これをプログラムで動かして目標物にどれだけ近づけるかを競う予定です。
 この続きは来週に・・・
posted by okamon at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業

2014年02月28日

動画で学校紹介

20140228.jpg
 高校2年の3学期の授業では動画制作を行いました。

 デジタルカメラの動画機能と、Windows付属のムービーメーカーというソフトを使って3分程度の動画を作る授業です。この授業、最初に前年度の作品を見せることで、作品が年々レベルアップしてきています。

 今年は「学校を知らない人に学校の良さを紹介する」という注文を出して、このコンセプトに合う作品を作るように指定しました。このコンセプトを明確にすることと、グループで企画会議を行い企画書・絵コンテを作ることも、作品をより充実させるのに役立っています。

 グループもいつもは4人班で作らせることが多いのですが、今回は3人班ひとりひとりが役割を果たさないと、作品制作は間に合いません。・・・という工夫をしながらの今年の授業でしたが、コンセプトをしっかり理解し、とても良い作品ばかりができあがりました。

 課題ごとに異なるチームで作らせることが多いので、いろいろな人と話すことができるようで、生徒のコミュニケーションの力も育ち、何となく授業の雰囲気も和やかになっていった気がします。

 発表・相互評価は、お互いの作品を見て笑ったり拍手したり感心したり・・・。とてもいい雰囲気で制作を終わることができました。
posted by okamon at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業

2013年11月13日

SNSの設定と既読スルー問題の授業

20131113.jpg
 ここまでの開発に協力してきた、筑波大学の鈴木研究室のネットいじめ・情報モラル学習教材について、一般公開に向けたパイロット授業をさせていただきました。

 授業はは「あなたのSNSSNSの設定、大丈夫?」、「既読スルーって悪いこと」という2つのテーマで、開発された教材をもとに、指導案・プリント・スライドを作成、生徒に対し授業をしました。

 「なたのSNSの設定、大丈夫?」では、「SNSのプロフィール・設定から個人情報が漏れないようにするにはどのようにしたらいいのか」について、教材の中のSNSのプロフィール画面の事例から、問題個所を考えさせていく教材・授業です。
 授業は単に知識を得るだけでなく、問題個所を具体的にどう修正したらいいかを話し合いながら考えさせる授業構成になっています。
 ※詳細は筑波大学のこちらの サイト(後日リンクを貼ります)

 「既読スルーって悪いこと?」では、よく話題になっている「既読スルー」の問題から、メールやSNSのコミュニケーションにおいても相手の状況を想像することの大切さを学びます。(ちなみにLINE世代は「既読スルー」をあまり気にしないという調査もあり、この授業でもそんな話が出てきました。)
 ※詳細は筑波大学のこちらの サイト(後日リンクを貼ります)
タグ:情報モラル
posted by okamon at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報C 授業