2020年04月20日

勤務校でのオンライン授業の取り組み

 ブログの更新までなかなか手が回らず滞っていましたが、久しぶりに更新してみます。

 勤務校ではこの度の臨時休業に際し、YouTubeの限定公開を利用したオンライン授業を実施することにしました。手順としては以下の通りです。

(1)iPadやスマートフォンで映像を撮影する。
  ・授業風でも構わないし、スライドのみを映し説明を足す形でも構わないとしました。
(2)不要な部分をiMovieなどのアプリで編集する。
  ・編集は任意としました。多くの先生は切り取りつなげる程度の編集を行っています。
(3)YouTubeに限定公開で動画をアップロードする。
  ・学校配布のGoogleアカウントを使って、各先生方にチャンネルを開設してもらいました。
  ・URLを知る人だけがアクセスできる限定公開での公開としました
(4)生徒にURLを知らせる。
  ・毎日の配信予定表(授業と同じく6〜7科目の授業を配信)に従いURLを生徒に通知する。
  ・通知はClassi、GoogleClassroomなどを利用して通知する。質問も同サービスで受け付ける。
   ※Classi不調時用に当面はメール配信+鍵付きWebページでもURLを通知
(5)提出を受け付ける  
  ・定期的な郵送、Classi、GoogleClassroomを通じて提出させる。
  ※私はプリント提出ではなくプリントを撮影した画像をGoogleClassroomで提出させました。

 最初の段階では生配信も考え、ZoomやGoogle Hangouts Meetでの生配信も教員同士で試してみました。
 しかし勤務校では一日分の授業を配信するとのことで、ずっと生配信では生徒や回線の負担も大きくなると思い、動画配信を行うことにしました。
 結果として、生配信としないことで編集が可能となり、実験や実習動画など教員の創意工夫も可能となります。生徒にとっても時間を調整して、繰り返し見ることができるのでメリットはあると感じています。

スライド5.JPG


92574410_3701093949962761_1363971245434994688_n.jpg


 私自身も社会科の動画を撮影してみたのですが、50分の授業のポイントだけに絞るとちょうど10分程度の動画に収まることも気づきました。やってみて思ったのは、撮影よりもその前の段階=課題や資料の作成や説明内容の精選などに時間がかかります。

 はやく対面で授業できるようになることを祈りつつ、生徒の学びを止めないようにがんばっています。
posted by okamon at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187401130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック