2014年09月05日

Webサイトを使って情報発信の授業をしてみました!

 2学期最初の情報科の授業。
 つかみとして、夏休み中に研究会で教えてもらった次のサイトを使ってお話をしてみました。

 一つ目は「Twitter Map」(http://www.demap.info/twittermap/
 Twitterーの位置情報をオンにしてつぶやいていると、地図上に表示されるサイトです。
 学校付近やターミナル周辺を表示させてみると、たくさんの人のつぶやき見ることができます。
 このサービス、自宅でつぶやいている人は場所が特定されてしまいますね。でも災害や交通機関の乱れの時にはローカルな状況がわかるので便利なサービスでもあります。同じサービスでもどう使うかで、いいものにも悪いものにもなるというお話につながります。もちろん生徒には位置情報の設定を気をつけようと呼びかけますが・・。

 二つ目は「Twitterのつぶやきから個人を特定できるか」(
http://omocoro.jp/kiji/3282/) 
 このサイトでは「渋谷なう」とTwitterでつぶやいた本人をそのつぶやきだけから特定できるかというテーマで実験をしています。プロフィールの画像を自分の写真にしている、外見の特徴をかいている、こまめに今いる場所をつぶやいているといった状況では、見事に本人を特定できました。
 ここから断片的な情報でもつなげていくと個人を特定できることを話し、つぶやきをみなしましょうとお話ししました。

 三つ目は「1枚の写真から場所を特定できるか」(http://ima.goo.ne.jp/column/article/102.html
 Twitterに掲載された1枚の写真を詳細に見ていくと、写り込んでいるお店の看板、道路の看板、歩道橋などの情報をもとに、googleストリートビューの映像を組み合わせると、こちらも場所が特定できるという内容でした。

 この3つのWebサイトの内容から、情報発信と個人情報について考えさせることができました。
 授業のネタに困った時は、既存のサイトをうまく使うといいですね。
posted by okamon at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会と情報 授業

2014年09月01日

「学校とICT」8月号に実践が掲載されました!

20140820.jpg

 SKY(株)が発行する教員向け情報誌「学校とICT」8月号に、昨年度の全国高等学校情報教育研究会全国大会で発表した「話しあう情報モラルの授業」の実践が掲載されました。(外部LINK:SKY社

 高校2年生で実践した情報モラルの授業を題材に、「教師が一方的に教え込む情報モラルの授業」ではなく、「生徒の経験や工夫を話し合わせるところから始める情報モラルの授業」をしませんかという思いを込めての実践報告です。
 
 情報科の授業は全国的に見れば、「Word」「Excel」の使い方といったコンピュータリテラシーに終始する授業も多いと聞きます。そこから一歩踏み出すためのヒントになればと思って書きました。
 情報科の授業づくりの参考になればうれしいです。
posted by okamon at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表